琉球大学名誉教授
国際EM技術センターセンター長
農林水産省国土交通省提唱「全国花のまちづくりコンクール」審査委員長
特定非営利活動法人地球環境共生ネットワーク理事長

「地球上のすべてものは、微生物の海の中に存在しているのです。」
― 比嘉照夫

1941年12月28日沖縄県生まれ。
琉球大学農学部農学科卒業後、九州大学大学院農学研究科博士課程修了後、1970 年に琉球大学講師として勤務。1972年に同大学助教授。1982年に同大学教授。
2007年には同大学名誉教授となり、同年 4月より名桜大学教授及び国際EM技術研究所所長(現在、国際EM技術センターセンター長)に就任。
1982年に「EM(有用微生物群)」を研究開発し、農業・畜産・環境・建設・工業利用・健康・医学などの幅広い分野で活用、現在世界 150ヵ国余に普及されている。 また、「EM」は1997年1月発行の『現代用語の基礎知識』に「最新キーワード」として取り上げられ、学校はもとより多数の自治体で積極的な活用が進められている。

主な著書に「微生物の農業利用と環境保全」「地球を救う大変革①~③」(サンマーク出版)「本物の世紀」(共著.PHP研究所)「甦る未来」(サンマーク出版) 「-新世紀- EM環境革命」(総監修.綜合ユニコム)「シントロピーの法則」(NPO法人地球環境共生ネットワーク)「新・地球を救う大変革」 (サンマーク出版)がある。

研究資料 http://dndi.jp/19-higa/higa_Top.php
EM研究機構 http://www.emro.co.jp
EM生活 http://www.em-seikatsu.co.jp
地球環境・共生ネットワーク http://www.unet.or.jp

微生物的環境技術研究所

「この人ら(微生物)を抜いては、地球は再生しない。
   もともとは微生物さまの世界だった。」
― 平井孝志
昭和5年大阪に生まれる。
1972年、微生物的環境技術所を設立し、現在同研究所主幹。 正しい思想を持たない鋭い技術は環境を一層混乱に導くのみであるという信念のもと、地球生態系再生の為、わかりやすい用語を用いて独自の「自然学」を展開する。 「地球様のなさらんことはしなさんな」「微生物様は神様です」等名言多数。
1992年、ブラジルで開催された地球環境サミットで日本人の実践者として紹介され、壊れつつある自然界の循環を甦らせる「地球の医者」と言う愛称でマスコミを始め各界から高い評価を受けている。タイでの長年にわたる植林活動がNHKで取り上げられたり、ベトナムの土壌改良指導等多彩な活動を展開。
1997年、微生物的実践技法により、和歌山県田辺湾の浄化達成。
2001年、世界湖沼会議において「水浄化の新技術開発シンポジウム」座長を務め、また現在も全国各地で講演活動を展開している。

主な著書に「Dr. for the Earth 地球のお医者さん」(生食協会)「背戸川排水路水質浄化対策事業~その技術概要と成果の報告」(微環研) 「共生と循環の思想を求めて」(共著京都フォーラム編、NHK出版)「無の技術論~私の自然学」(「現代農業」全18回連載)他、多数。

微生物的環境技術研究所公式HP http://bikanken.com